たこ天では、参加者全員で「たこ天村」というひとつのコミュニティを全員で作り上げていきます。それぞれが、それぞれの力を思い切り発揮できる場を自分たちの力で作り上げていくところから、たこ天が始まります。 たこ天村での活動は「小グループ」「大グループ」「インタレストグループ」という3つのグループからなります。その他にも、みんなで食卓を囲む食事の時間や、参加者と自由に過ごす「コミュニティ」の時間もございます。例年最終日の夜には、参加者の企画によるお祭りやパーティーなども催されます。

社会や地域、家族が力を失いつつある中、たこ天では、「たこ天村」という小さくも大きなコミュニティ(小社会)の中で、家族よりも少し大きいグループ(小グループ)を組み、潜在している心の能力を人間関係の中で発揮し、磨きます。それが全員で集まるグループ(大グループ)でも通用するかを試し、さらに磨きをかけ、さらには、自分のアイデンティティで自分がリーダーシップをとるグループ(インタレストグループ)もやってみます。4日間、50人の人の中で、自分を活かし、みんなも活かす生き方を見つけ出すことを目指します。

 

各グループの説明

「小グループ」

たこ天での活動の中心となるグループです。心の専門家とともに、自由に自分を語り、相手の語りに耳を傾けることを通して、これまでの様々な自分を再発見し、これからの自分を模索していきます。日常から離れ、普段出会わない人々と語ることで、普段の自分・馴染んだ自分とは違う、新しい自分を見つけます。心の専門家が支える安全な時間と空間の中で、徹底的に自分と向き合い他人と向き合うことで、普段は使わない心の筋肉を使い鍛えていきます。 グループの目的に応じて、屋外で思い切り遊んだり(子どもグループなど)、当研究所で開発した訓練プログラムに沿って活動を行う(専門家訓練グループなど)こともございます。

「大グループ」

小グループよりも大きな集団、参加者全員が集まるグループの中で、率直な自己表現を鍛える時間です。小グループで発見した自分、新たに見つけた心の能力が、より大きなグループでも通用するかを試し、さらに磨きをかけていきます。

「インタレストグループ」

「インタレストグループ」の時間は、自分が関心(interest;インタレスト)を持っていることを、仲間を集い、誰かとともに思いっきりやってみる時間です。参加者それぞれの方が必要な道具を持ち寄り、建物の中も外も自由に使ってさまざまな活動に挑戦できます。ランニングやサッカー、ヨガやダンス、俳句の会、押し花、絵本の読み聞かせ、ゲームについて語る会など……興味があればなんでもできます。自分が好きなことを自分のリーダーシップでみんなと共有したり、ひとりではできなかった活動に挑戦したり……自分のリーダーシップや興味・関心、「これが好き!」というエネルギーを、たこ天という小さな社会で思い切り使ってみる時間です。

 

たこ天のスケジュール例

*細かい時間割は各年で少しずつ異なります。最終的なスケジュールは参加者にお配りするしおりでお知らせいたします。