「たこ天」は、こどもから大人までが、「た」くましく、「こ」どもの純粋な心を捨てない、自分を取り戻す空間(「天」国)を作り出すプログラムです。『心の創造性』を探求するサイコセラピスト(心理療法家)と共に、大人もこどもも、隠れた自分の逞しさ・元気さ・エネルギーを取り戻し、鍛える四日間の合宿です。

サイコセラピストとは、心をもっと元気にし、たくましくすることを助ける「心の専門家」です。たこ天では、約50名の参加者と10名前後のサイコセラピスト・スタッフが一堂に会します。普段の生活ではなかなか人に話せないことも言葉にし、やってみたいことには思い切って挑戦します。日本でもなじみのある「合宿」形式を用いて、4日間でとことん自分と向き合い他者と向き合うことを通して、生き生きとした、たくましい自分を鍛え取り戻すことを目指します。

 

たこ天の目的・・・

こどもは本来、生き生きとしたエネルギーに満ちています。自然の中で、あるいは仲間の中で、好奇心や探求心の赴くままに自由に駆け回り楽しみます。大人になっても、自由で元気なこどもは失われず心の中に残ります。趣味に熱中するとき、仕事に情熱を注ぐとき、大切な人と思い切り心を交し合うとき、自由で奔放なこどもの自分が活躍します。大人の部分だけではなく、こどもの部分だけでもなく、そのふたつが上手にかみ合い調和するとき、人は生き生きと元気に、社会の中で生きることができます。

しかし、せわしない日々に追われ、勉強や仕事の重責、社会のルールやしがらみに捉われれば、そんな元気なこどもが時に窮屈に閉じ込められ、見失われることも起こります。そんなとき、こどもは学校に行けなくなったり、友達と遊べなくなったり、落ち着きがなくなったりと、様々なかたちで「こころの不調」を訴えます。大人たちは、怒りっぽくなり、人を許せなくなり、やる気を失い「うつ」の波にのまれます。

大人の中にも、こどもの中にも、「生き生きとしたエネルギーを失わない自由でたくましいこども」を取り戻そう!というのが、たこ天の目的です。

 

たこ天の参加者・・・

参加者の年齢層は幅広く、1歳前後のお子様からお年寄りまで広くご参加いただけます。小学生、中学生、高校生、会社員、教師、看護師、企業のリーダー、お父さんお母さんなど、参加者の職業や立場も多岐にわたります。ご家族やご夫婦そろって参加なさる方もいらっしゃいます。毎年、たこ天に参加し、元気な自分を取り戻す、年に一度の自分のメンテナンスの場としてご利用する常連の方もいらっしゃいます。

「息子との関わり方を変えたい」「仕事でもっと力を発揮できるようになりたい」「魅力的な大人の女性として人前に立ってみたい」「50歳の節目を迎えて一度自分を見つめなおしたい」「人に遠慮せずに意見を言えるようになりたい」「なにかあるとすぐにパニックになってしまう自分を変えたい」など参加動機も様々です。

 

たこ天の専門性・・・

たこ天は、心理療法の原理を、一般の方々がもっと元気にもっと逞しくなれるように応用したプログラムです。専門的には「多元統合集団精神療法(multi-dimensional-integrated psychotherapy)」と呼ばれる集団精神療法のアプローチです。アメリカで発展した集団精神療法の理論・技術を軸に、PAS心理教育研究所で独自に発展してきました。40年にわたり毎年夏に実施されています。

 

たこ天村 村長からメッセージ・・・

年に一度、自分の中の大人しい日頃の自分、
慣れ親しみ過ぎている自分の服を脱いでみませんか。

 大人も子どもも、自分の中に潜ませている原始のエネルギーを、もっと言葉に、表現に運動に、そして人間関係に思いっきりぶつけてみませんか。初めてお目にかかる人から古くからの知り合いで集まって、私は40年来、この祭りを主宰しています。以下、年来の呼びかけ文です。人生のひとときの寄り道寄り道、寄っていきんさい!!

「自分の中の子どもと今の自分との間に心地よい河が流れていますか。自分の中の子どもの心を忘れて窮屈になり、子どもの心に浸り顰蹙(ひんしゅく)を買って大人の作法で自分を責めてしまう、あるいは周りの声が聞こえなくなることもあるだろう。子どもの心と大人の心が入りくんで河の波が泡立ち、逆巻く青年もいるだろうか。時に困るのは、河の流れが干上がって子どもの自分と大人の自分の間で喧嘩が起きたり、瞬間に子どもの自分が吹き出して怒り、天をついたかと思うとけろっと大人の慎ましさに戻ったり……。 なかなか子どもと大人の間のたおやかな河の流れに遊ぶことが難しいものです。この切れそうな間を取り戻すのが祭りというものですが、これだけは時代が変わっても失いたくないもので。PAS始まって以来の伝統の祭り、たこ天はグループセラピィの祭りです。思いのたけを存分に語り、聞き、共に子どもに還り背伸びもして思いっきり大人の自分も押し出して、子どもと大人の河を喜びと安堵の波で溢れさせましょう。これからの人生をダイナミックなものにするために。

寄って行(生)きんさい、たこ天村へ!!」

たこ天村 村長 小谷英文

 

過去のたこ天・・・

2016年 開催地:PAS心理教育研究所(東京)  参加者総数:39名 詳細はこちら
2015年 開催地:PAS心理教育研究所(東京)  参加者総数:52名 詳細はこちら
2014年 開催地:PAS心理教育研究所(東京)  参加者総数:57名 詳細はこちら
2013年 開催地:PAS心理教育研究所(東京)  参加者総数:48名 詳細はこちら
2012年 開催地:PAS心理教育研究所(東京)  参加者総数:41名 詳細はこちら
2011年 開催地:PAS心理教育研究所(東京)  参加者総数:35名
2010年 開催地:菅平高原ホテル柄澤(長野)  参加者総数:53名
2009年 開催地:富士Calm(山梨)       参加者総数:51名
2008年 開催地:サンレイク(島根)      参加者総数:39名
2007年 開催地:サンレイク(島根)      参加者総数:66名
2006年 開催地:国立オリンピック記念センター 参加者総数:61名
2005年 開催地:国立オリンピック記念センター 参加者総数:55年